• トップ
  • >
  • 観光案内
  • >
  • 楷定寺 周辺観光案内

楷定寺は大阪府高石市に位置しますが、古来和泉の国と呼ばれる地域にあります。
堺や和泉周辺の見どころがたくさんあります。
 

日本一の巨大古墳

 
大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)または大山古墳(だいせんこふん)は、大阪府堺市堺区大仙町にある古墳。形状は前方後円墳百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として第16代仁徳天皇の陵に治定されている。名称は「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」や「仁徳陵古墳」とも。 全国で第1位の規模の巨大古墳であり、同古墳を擁する堺市は、クフ王ピラミッド及び秦の始皇帝墓陵に並ぶ「世界三大墳墓」と称している。

 昼も夜も楽しめる公園

 

「名松100選」にも選ばれている、美しい松林を誇る公園です。明治6年、公園として指定された大阪で最も古い公園のひとつです。園内にはジャイアントスライダーのあるプール、ばら庭園、交通遊園などがあり、総合公園として多くの方々に親しまれています。
 
また、臨海工業地帯の夜景は、しばしばテレビでも取り上げられるほど。想像を超える壮観な夜景を見ることができます。

 

 楷定寺から徒歩1分

 
『続日本紀』天平勝宝四年(752年)の条に「中臣殿来連竹田売」と記載されています。ここにみえる中臣氏の一族である殿来連が祖先神である天児屋根命を当神社に奉祀し、また、その年に太政大臣・藤原武智麻呂、その子の大納言・恵美押勝(藤原仲麻呂)が相次いでこの里に来られ居住されたと伝えられています。このように、当神社は常に藤原氏一族(中臣氏)と由縁がありました。等乃伎神社HP

和泉黄金塚古墳

 

信太山丘陵の北西端に位置する二段築成と推定される墳丘をもつ前方後円墳で、全長約94m、後円部径約57m・高さ約9m、前方部幅推定約42m、高さ約6.5m。2008年平成20年)3月28日に国の史跡に指定された。
古墳時代前期末(4世紀後半頃)の築造と考えられ、後円部の埋葬施設は主軸に平行して3基の粘土槨(中央槨・東槨・西槨)がある。木製棺の長さは順に8.7m・4m・4.37m。
中央槨の棺外から出土した画文帯四神四獣鏡には、景初三年(239年)の銘があり、魏志倭人伝における邪馬台国卑弥呼の皇帝から銅鏡百枚を贈ったとの記述との関連性が考古学者の一部で指摘されている(発掘当事者の一人である森浩一は否定している)。
また、古墳の周囲には棚田の景観が残っていることも特筆される。

                                                                                                             ページトップへ